即日融資で便利さ100倍!

お金に対する見方

お金って、あると便利なものです。全くない状態では、今の日本の世の中での生活はかなり厳しいものです。ただ、今も昔も基本的なお金との付き合い方というものは変わりないといえる気がします。

 

「金の切れ目が縁の切れ目」、お金に誠実に向き合わずに適当な対応をしていると、人間関係まで切れてしまいかねません。それまでにどんなに濃くて、確実な絆を作っていたとしても、お金が原因でぷっつりと付き合いが途絶えてしまった、というのは世の中によくある話です。縁を切られた側からすると「たかがお金」でも縁を切った側からすると、「されどお金」なのです。
(余談ですが、貸した側からすると、貸した相手から「たかがお金じゃん」などと言われる事が縁を切ることに拍車をかける一言だったりします)

 

因みに、筆者の友人夫婦はお金の使い方が正反対の二人です。生い立ちから見てみると、夫は「1円より1万円が良い」と教えられ、妻は「1円は大切だよ」と教えられたそう。

 

はてさて、あなたは、この2人のお金に対する考え方をどう見ますか?のどちらがお金に誠実な人に育ったと思いますか?もちろん答えは妻の言葉です。「1円を笑うものは1円に泣く」。1円は1番大切にしなければいけないお金です。